「懲戒処分」の記事一覧(2 / 2ページ目)

横領での懲戒処分

懲戒処分

横領での懲戒処分   横領については懲戒解雇を有効とした判例も多くあります。 その理由としては   企業秩序違反となる 金銭的な面で企業存続に危険性を与える   といった点があるとされます。 […]

転勤などの人事異動命令拒否と懲戒処分

懲戒処分

人事異動拒否と懲戒   会社では職種変更や転勤命令を行うことがあります。 職種、勤務地とも従業員にとっては重要な労働条件であり、それが変更されることは大きな問題でもあります。 しかし一方で会社にとっては &nb […]

無断欠勤と懲戒解雇

懲戒処分

無断欠勤と懲戒解雇   無断欠勤の場合、一定の要件を満たせば懲戒解雇することもできるとされています。 厚生労働省の通達によれば無断欠勤については2週間以上という要件が必要とされています。 「14日以上正当な理由 […]

懲戒解雇時の弁明の機会は必須

懲戒処分

弁明の機会とは   就業規則を規定し、その中に懲戒規定があれば、その会社に懲戒権が生じます。 ただし何を規定しても良いかというともちろんそんなことはありません。 よくあるパターンとしては 「就業規則の懲戒規定自 […]

相当性の原則

懲戒処分

相当性の原則   懲戒処分の対象と行為と、懲戒処分の重さが相当しなければいけないという原則です。 この相当性が確保されていない懲戒処分もやはり法的に無効となる可能性はあります。 会社が自社のみで懲戒処分をすると […]

懲戒処分の種類

懲戒処分

懲戒処分の種類   就業規則において懲戒規定を規定することではじめて会社に懲戒権が発生するとされます。 逆に就業規則がない会社には懲戒処分を行う権利はありません。 よくある処分の種類としては以下のものなどがあり […]

ページの先頭へ