「労働基準法」の記事一覧(2 / 2ページ目)

36協定の免罰効果とは?

労働基準法

残業・休日労働は基本的に違法   労働基準法においては以下のように原則として、時間外労働(残業)を禁止しています。   労働基準法第32条(労働時間) 使用者は、労働者に、休憩時間を除き1週間について […]

36協定の対象となる労働者とは?

労働基準法

36協定の対象者   36協定の所定の用紙には「労働者数」の記載箇所があります。 「業務の種類」ごとに記載するようになっていると思いますが、そもそもこの36協定の記載対象となる労働者とはいかなる基準があるのでし […]

36協定締結の事業所の単位とは?

労働基準法

36協定の締結単位   会社は基本的に残業・休日労働を許可なくさせてはいけません。 させた時点で違法となりますが、この36協定の締結と労基署への届出によって免罰されます。 (ただし、残業代といった割増賃金の支給 […]

36協定の限度時間基準の告示

労働基準法

36協定の限度時間基準とは   36協定には限度時間基準というものがあります。 これは何か?というと、 「36協定を締結してもこの時間までしか残業はさせられません」 という基準のことです。 一般従業員と1年単位 […]

完全歩合給は違法か?

労働基準法

完全歩合給は違法   歩合制、出来高制については労働基準法第27条で定めがあります。   労働基準法第27条(出来高払制の保障給) 出来高払制その他の請負制で使用する労働者については、使用者は、労働時 […]

平均賃金の計算方法

労働基準法

平均賃金とは?   平均賃金とは労働基準法第12条において定められているもので、   解雇予告手当 休業手当 年次有給休暇中の賃金 災害補償 減給制裁の制限   の計算において使用されます。 […]

ページの先頭へ