入社時の誓約書とは?

 

入社時に従業員個別に誓約書を締結することがあります。

この誓約書にはいくつか法的効力があるとされています。

 

誓約書の内容

 

一般的に条文として入れられる誓約書の内容としては以下のようなものがあります。

 

  • 会社の就業規則を遵守すること
  • 会社の人事異動に服すること
  • 企業秘密を漏えいしないこと
  • 個人情報を守秘すること
  • 情報を守秘すること

 

一定の場合に自身の個人情報を第三者に提供することに同意すること

このような内容がありますが、主に後日のトラブルのときに用意するものといえるでしょう。

 

主に人事異動権の確立のためのもの

 

上記のように見ると、非常に会社に就職する場合に、ごく当然のことを約束してもらうということがいえます。

わざわざ誓約書が必要なのか?と疑問に思う経営者の方がいることもうなずけます。

またこのような誓約書を締結してもそれがどこまで法的に効力が出てくるのかは疑問の部分もあることもその一因となっています。

判例によればこのような誓約書で最も法的効力を発揮しているとされているのは人事異動においてではないかと思います。

 

  • 転勤
  • 出向
  • 出張

 

など会社には後日に人事異動の必要性が出てくることがあります。

このときにまれにその業務命令に服さない・服せないという従業員が出てくることがあります。

このときに誓約書で人事異動について個別合意を得ていれば、会社の業務命令権がより強く認められるという法的効力があるとされます。

ただし転籍のような会社の籍自体を他者に移すものについては、誓約書とは別にそのときの改めてのその従業員の合意を得る必要があります。

転籍は会社は手続を踏まないと行えない」参照。

 

入社誓約書は必要か?

 

上記のような人事異動がありえるという会社の場合は、誓約書は必要です。

しかし人事異動がない会社の場合は必要かというと微妙かもしれません。

法的効力も人事異動以外の項目では微妙な部分があります。

ただ入社してからどのようなことがあるかわかりません。

入社時のプロセスとして誓約書をとらえて、個人情報についてトラブルになるかもと後日の準備として念のため取得しておくという感じで導入しておいたほうが良いとは思います。

<スポンサード リンク>