傷病手当金とは

 

傷病手当金とは健康保険法第99条に定めのあるものです。

被保険者(任意継続被保険者は除く)が疾病又は負傷により療養のため労務不能となり、報酬が得ることができない場合に、療養中の所得保障を目的とするものです。

市町村の国民健康保険にはこの傷病手当金の制度はなく、この制度は会社の健康保険に加入している・していた者が対象となります。

 

傷病手当金の支給要件

 

以下のすべての要件に該当しないといけません。

 

  • 療養のためであること(療養は自費診療、自宅療養も含みます)
  • 労務に服することができないこと
  • 労務不能の日が継続して3日間あること(待機期間)
  • 労務不能により報酬の支払がないこと

 

待機期間について

待機期間中は報酬を受けていても良いとされています。

 

労務不能について

失業給付を受給している場合は、労働の意思及び能力があるとなり、労務不能とはされません。

 

支給金額

 

労務不能1日につき、標準報酬日額の2/3が支給されます。

細かい金額はややこしいですが、おおよそ月に受けていた給料を30で割った金額の2/3程度といえます。

 

傷病手当金の調整

1、報酬を一部受けている場合

  • この場合には、傷病手当金と受けた報酬の差額の支給となります。

 

2、障害年金を受給する場合

  • 障害厚生年金・障害手当金が支給されるときには傷病手当金は打ち切られます。
  • 傷病手当金のほうが多い場合にのみ、その差額が支給されます。

 

3、労災の休業補償給付を受給する場合

  • この場合も傷病手当金は支給されません。
  • ただしこの場合もやはり、傷病手当金のほうが多い場合にのみ、差額が支給されます。

 

支給期間

 

支給を始めた日から1年6か月が限度とされています。

 

支給手続

 

以下を保険者に提出して申請を行います。

 

  • 傷病手当金請求書
  • 事業主の証明書
  • 医師または歯科医師の意見書(病院名の意見書は不可)

 

当初の申請代行

 

当初では電話・メールにて申請の代行を行います。

まずはご連絡いただきまして、その後、料金(20,000円 外税)のお振込み確認後、実際に申請を開始いたします。

<スポンサード リンク>