労働保険の年度更新

 

労働保険の年度更新は毎年6月1日から7月10日に行わなければいけません。

これは

 

  • 労災保険料
  • 雇用保険料
  • 一般拠出金

 

の3つの国の保険についての会社と従業員の両方の保険料をまとめて1年分申告するというものです。

昨年分の確定保険料と、今年の概算保険料をまとめて申告します。

届出日の近い時期になると郵送等で会社に申告書が届くと思います。

概算保険料・確定保険料

 

申告書の作成の手順

昨年の従業員全員の賃金台帳を準備する

アルバイト・パートタイマーも含む

賃金台帳とは?」参照。

 

従業員のうち雇用保険に加入しない者を確認する

以下のものは雇用保険の非適用となります。

関連ページも参照。

雇用保険の加入条件(労働者)

 

  • 労働時間が週20時間未満で雇用保険の適用のない人
  • 昨年の4月1日時点で64歳以上の高齢者

 

残りの申告書の作成までの作業

あとは下の作業を行えば労働保険の年度更新は完了です。

 

  • 労災保険と雇用保険のそれぞれの加入人数とそれらの賃金総額を集計
  • その数字をもとに「算定基礎賃金集計表」を作成する
  • 申告書の記入

 

やっかいな年度更新の計算

 

上記の手順の中で、算定基礎賃金集計表の作成の段階が最も面倒かと思います。

労災保険・雇用保険対象者の区別して、しかも月ごとに集計した賃金総額の算出が必要です。

また役員でも労働者性がある場合、労災保険対象となったりすることもあります。

 

修正申告もできるが

 

この労働保険の年度更新はミスがあった場合には最悪修正も可能です。

しかしケースによっては行政からマークされてしまうということもあります。

悪質な部分もあるように思われると労基署の立ち入り調査がなされることもあります。

是正勧告の対応

そのためミスのないようにしっかりと申告をしなければいけません。

 

当所では労働保険の年度更新の代行を行っています

 

一年に一度の年度更新にあまり時間と労力をかける意味はないかもしれません。

誰がやっても同じ結果で、それほど頻度のない作業だからです。

そのため当所では労働保険の年度更新の代行をしております。

スポットでも行っておりますが、料金は35,000円(外税)です。

代行の場合には、賃金台帳などをお借りしますので用意しておいてください。

もしないという場合には、給料がわかるものが必要となります。

<スポンサード リンク>