おしゃべりも労働時間

 

終業後に従業員同士で業務とは関係なくおしゃべりをする時間があるかもしれません。

会社からすれば

「当然、業務と関係がないので労働時間ではない」

と思うかと思います。

しかし実際にはそうならないことが非常に多いです。

始業前の時間は、そこから勤務が開始するのでまだ労働時間と判断されにくいといえます。

しかし終業後の場合、それまでの労働から連続性があり、そのまま労働時間と判定されやすいという事情があります。

詳しくは以下を参照。

時間外の終礼と残業代請求

 

特にタイムカードもあれば最悪

 

また冒頭のような事情とともにタイムカードがある会社もあると思います。

この場合、毎日少しづつの終業後の会話の後のタイミングでタイムカードを打刻していることもあります。

このようなケースではタイムカードの打刻という証拠もあり、会社として会話していて業務ではないことを証明するのは非常に困難といえます。

詳しくは以下を参照。

労働時間は分単位でカウントしないと違法

そのためほとんどの場合、タイムカードの終業時刻まで労働時間として残業代請求を受けることが多いこととなっています。

 

勤務表でも安心できない

 

手書きまたはエクセルといったパソコンでの労働時間管理でも安心はできません。

実例で、その時刻を超えて終業後のおしゃべりの時間も労働時間として主張してくることもあります。

またその手書きの終業時刻の欄に

「おしゃべりして退社する時刻が記入されている」

ということもあります。

会社としては大変負担ですが、ここまでチェックしていかないといけません。

 

ではどのような対応をすれば良いのか?

 

正直いって「おしゃべりの時間の残業代請求をしてくる」という従業員については閉口してしまうことも多いので、かなり幼稚な対応もとらざるを得ません。

この場合、日常的には

「終業後にはおしゃべりをせずに帰宅すること」

を周知徹底しなければいけません。

さらに、

「事業所の閉鎖も行う」

というようにしなければいけません。

事業所の閉鎖があれば、おしゃべりをしても労働時間とはなりえません。

従業員をできるだけ早く退社させ、すぐに施錠するという幼稚な対応ですが、業種によっては対応しなければいけないこともあると思います。

残業代請求対策(会社サポート)」参照。

<スポンサード リンク>