平均賃金とは?

 

平均賃金とは労働基準法第12条において定められているもので、

 

  • 解雇予告手当
  • 休業手当
  • 年次有給休暇中の賃金
  • 災害補償
  • 減給制裁の制限

 

の計算において使用されます。

詳しくは以下を参照。

休業手当が必要な例

労働基準法の有給休暇についての法律知識

また労災保険における給付基礎日額とも一致するものであり、

 

  • 休業補償給付
  • 傷病補償給付
  • 障害補償給付
  • 遺族補償給付

 

の給付金額にも使用します。

 

平均賃金の計算方法

 

平均賃金は以下の式で算出します。

 

「算定事由発生日以前3月に支払われた賃金の総額」を「算定事由発生日以前3月の総日数」で割る

 

平均賃金の算定で除外するもの

総日数と賃金の総額の両方から除外するもの

 

1、業務上の負傷・疾病による療養のための休業期間

  • 通期災害による休業期間とその期間中の賃金は除外しません。

2、産前産後の女性が、労働基準法第65条によって休業する期間

3、使用者の責めに帰すべき事由で休業する期間

4、育児・介護休業をした期間

  • 子の看護休暇の期間とその期間中の賃金は除外しません。

5、試みの使用期間

 

詳しくは以下を参照。

休業手当が必要な例

 

賃金の総額のみから除外するもの

 

1、臨時に支払われた賃金

  • 私傷病手当、加療見舞金、退職金など

2、3か月を超える期間ごとに支払われる賃金

  • 賞与など

3、通貨以外のもので支払われたもの

 

平均賃金の算出での注意点

「算定事由発生日以前」について

 

実際には算定事由発生日の前日から計算します。

算定事由発生日が6月5日としますと、6月4日から3月5日までで計算します。

 

賃金締切日がある場合

 

給与計算期間があると思いますが、この場合には給与計算期間を基準に計算します。

算定事由発生日が6月5日で、給与締切日が20日の場合には、5月20日から2月21日で計算します。

 

端数処理について

 

上記の式で平均賃金に端数が出る場合には、銭未満は切り捨てます。

 

通勤手当について

 

通勤手当も賃金の総額に含めて算出します。

 

雇用して3ヶ月未満の者について

 

この場合、雇用した日から後の期間で算出します。

この場合でも、賃金締切日がある場合には、この賃金締切日を基準に算出します。

<スポンサード リンク>