賞与を支給したときの社会保険の手続

 

賞与にも社会保険(健康保険・厚生年金)がかかります。

賞与は定期的に支給するものでなく、案外もれやすい手続ですが忘れずに行いましょう。

 

手続先

  • 年金事務所または健康保険組合

 

期限

  • 賞与支給から5日以内

 

届出する書類

  • 健康保険・厚生年金保険 被保険者賞与支払届

 

添付書類

  • 被保険者賞与支払届総括表
  • 厚生年金保険70歳以上被用者 算定基礎・月額変更・賞与支払届(ただし70歳以上のものがいる場合のみ)

 

賞与支払届の記載について

 

賞与支払届の⑤には賞与額の記載を行います。

この賞与額は1000円未満を切捨てして記入します。

 

70歳以上被用者 賞与支払届

 

上記の添付書類にも記載しましたが、70歳以上の者に賞与を支給した場合にはこの厚生年金保険70歳以上被用者 算定基礎・月額変更・賞与支払届も提出しなければいけません。

提出は賞与支払届と一緒に行います。

この書類の目的としては老齢厚生年金などの年金との関連で、年金支給額の調整のためというものです。

 

賞与の支給がなくても提出?

 

添付する被保険者賞与支払届総括表というのは、名前の通り、従業員全員に支給した賞与総額を記載するものです。

この④の箇所に「支給・不支給」を選択する欄があります。

賞与支給の場合には、この「支給」に○をしますが、もし賞与支給がなかったという場合には「不支給」に○をします。

賞与支給がないという場合には、賞与支払届の提出は必要ないのですが、この総括表のみこのように記載して提出します。

<スポンサード リンク>