雇用保険の加入条件

 

雇用保険は正社員はもちろん、パートタイマー等の正社員以外の従業員も加入義務があることもあります。

下記2つとも条件を満たす者は雇用保険加入が必要となります。

 

  • 1週間の所定労働時間が20時間以上であること
  • 31日以上引き続き雇用されることが見込まれること

 

加入条件の労働時間はどこで判断するか?

 

上記の条件で、よくある疑問として「パートタイマーの場合、時期によって労働時間が上下するのでどこで判断するのかわからない」というものです。

これは原則、「雇用契約書における所定労働時間」で判断します。

つまり実態においてはたしかに時期によって上下しますので、この雇用契約書で判断するというものです。

パートタイマーとのトラブルでは雇用契約書が重要

しかし稀に、雇用契約書の所定労働時間と、実態がかい離しているようなケースもあります。

このような場合には、違法に未加入にしていると行政から指摘されることもありますので、注意してください。

 

高齢者と雇用保険の加入条件

 

高齢者については、65歳に達した日以後に雇い入れられた方は、加入しなくても良いとされています。

 

役員と雇用保険の加入

 

原則、法人の役員は雇用保険には加入できません。

ただし、報酬支払等の面から労働者的性格の強いものであって、雇用関係があるという者については加入できる場合もあります。

 

雇用保険の違法な未加入が発覚することもあります

 

雇用保険の未加入が最近では発覚することが多くなっています。

そのほとんどは退職時の従業員によるハローワークへの通報などです。

この修正申告も可能ですが、複数回の修正を行うと労基署の調査が行われてしまうこともあります。

雇用保険料はそれほど高いものではありません。

しっかりと入社時に労働条件のチェックを行い、加入を適正に行わせましょう。

<スポンサード リンク>