就業規則の記載事項

 

就業規則では労働基準法第89条に記載事項が定められています。

このうち賞与は相対的必要記載事項とされ、その定めをする場合には記載義務のある事項とされます。

つまり賞与は絶対に記載して約束しなくても良い事項ということとなっています。

就業規則の記載事項」参照。

賞与という制度は広く認知されていて、支給義務があるものと誤解されがちですがそうではないということです。

そのため

 

  • 賞与は支給しない
  • 賞与は支給できない

 

という会社では絶対に就業規則で記載してはいけません。

 

就業規則で賞与を規定するとどうなるか?

 

たとえば上記の内容を知らずに賞与について規定してしまったとします。

この場合、就業規則は記載すると労働条件ともなり、ある意味で従業員に約束したというようなことになります。

すると就業規則に規定した条件が揃えば、そのときには賞与を支給する義務があるということになります。

賞与を支給したくないという会社の姿勢は通用しませんので、注意が必要です。

 

賞与規定を廃止・変更するというときには

 

では賞与の規定の廃止・変更するというような対応をしようとするとどのような手続が必要でしょうか?

この場合には以下の2つの手続を経ないと法的に有効とはなりません。

 

  • 賞与規定を廃止・変更する
  • 廃止・変更した就業規則の内容に従業員各人の同意を得る

 

2つの目の手続がやっかいです。

各人の同意も得なければいけないので、実際には同意を得れないということもあるでしょう。

賞与の廃止・変更はほとんどのケースで労働条件の不利益変更となり、会社が一方的に行っても法的には無効です。

必ず従業員各人の同意を得なければいけません。

同意については同意書として従業員各人の署名・印鑑を取得することが必要です。

いずれ訴訟が起こるかもしれませんので、そのときに必ず証拠書類となってきますので非常に重要なものとなるでしょう。

就業規則変更と不利益変更

よくある就業規則の危険な規定」参照。

<スポンサード リンク>