ひげを理由に解雇できるか?

 

最近ではファッションとしてひげを生やす従業員の方もいます。

しかし会社として

 

  • お客さまからクレームがあった
  • 取引先から苦情があった

 

といった困った状況を招いてしまうこともあります。

従業員のひげについては、個人のファッションであるという考えと、会社の規律との間で見解の相違を招きやすいところでもあります。

しかし「ひげを生やしている」ということで即座に解雇ができるかというとかなりの確率でその解雇は無効とされると思います。

いくら就業規則等で「ひげを生やすこと」について懲戒処分の対象などとしていても難しいのではないかと思います。

この場合、まずは指導が必要であると思います。

また就業規則で懲戒処分の対象としている場合、戒告といった軽い処分を行うことが良いと思います。

ひげを生やしてなぜいけないのか?について理由も明示しつつ指導・懲戒処分を行いましょう。

それでも改善しないといった場合には、さらに指導が必要となってきます。

しかしここまでやっても解雇できるかという場合には難しいケースが多いのではないかと思います。

懲戒処分の種類

 

ひげで解雇が有効となる要件とは

 

過去にひげ等を理由とした解雇が争われたケースもあります。

その判例によれば

 

  • 顧客から実際に苦情があったのかどうか?
  • 外見が重視される職種を担当しているのかどうか?

 

といった点に沿って判断することとしています。

 

社長がひげが嫌いというだけで判断するのは危険

 

判例によればひげに対する従業員個人の自由というものがあり、無制限にひげを禁止したり、またそれを理由とした解雇はできないとされています。

そのため

「顧客からクレームがどの程度あったのか?」

という点に解雇が有効となるのかどうかがかかってくるといえるでしょう。

会社において特にひげを生やしていても問題のないような職種もあります。

他の仕事ぶりも問題がないのに、ひげが嫌い(私も古い人間として社会人としてひげを生やして勤務するのはどうかとは思いますが)ということで解雇とする経営者の方もいます。

しかしこのように感情的になって解雇を命じるということは危険であって、指導を重ねるといった冷静な教育姿勢が求められるといえるでしょう。

<スポンサード リンク>