退職証明書とは

 

退職証明書とは労働基準法第22条に定めのあるものです。

従業員が退職の場合において求めた場合、会社は遅滞なく発行しなければいけないとされています。

従業員はこれを発行された場合には

 

  • 再就職時の転職先へ提出する(職務期間の証明など)
  • 資格試験の際に職務歴の証明に使用する

 

などで活用します。

 

退職証明書での記載事項

 

同条において記載事項は決められています。

 

  • 使用期間
  • 業務の種類
  • その事業における地位
  • 賃金
  • 退職の事由(退職の事由が解雇の場合にあっては、その理由も含む)

 

ただし上記の中で従業員の請求しない事項を記載してはいけないとされています。

 

解雇予告期間中の証明

 

上記の退職証明書とは別に解雇予告期間中に解雇の理由について従業員から請求があった場合には、証明書を交付しなければいけないとされています。

ただし即時解雇の場合には、予告期間がないので、この証明は必要ありません。

 

秘密の記号の記入の禁止

 

あらかじめ第三者と謀り、従業員の就業を妨げることを目的として、従業員の国籍・信条・社会的身分・労働組合運動に関する通信をし、または退職証明書・解雇予告期間中の証明に秘密の記号を記入してはいけないとされています。

<スポンサード リンク>