退職時の返却・受け取り書類

 

会社も従業員も退職時には数種類の返却・受取り書類があり、漏れてしまうことがあります。

会社ごとにリスト化しておいたほうが良いですが、ない場合には以下を参照してみてください。

 

従業員に渡す書類

 

離職票と源泉徴収票などは渡すまでに時間がかかることが多いと思います。

退職の後日に郵送等でも良いので返却するようにしましょう。

 

雇用保険被保険者証

入社時に預かっていることと思います。

 

離職票

雇用保険(失業給付)の受給申請をする際に必要となるものです。

すぐに再就職すると必要のないこともありますが、念のためすべての人に渡しておくのも良いと思います。

発行しておかないと退職してしばらくして退職者から発行依頼の連絡が入ることもあり、このような事態を避けたいという場合のために全員に発行しておくのが無難です。

離職証明書を発行するときの雇用保険の手続

離職理由を会社都合にして欲しいと頼まれたら

 

健康保険被保険者資格喪失証明書

社会保険の資格喪失届を行った際に発行されます。

コピー等をして従業員に渡します。

退職後に国民健康保険に加入する際に必要となる書類です。

従業員が退職したときの労働・社会保険の手続

 

年金手帳

入社時から継続して年金手帳を預かっている場合には返却します。

 

源泉徴収票

退職後に独立して開業したり、また退職した年に再就職しない場合には確定申告をします。

この場合、源泉徴収票が必要となります。

もしこれがなくても確定申告は可能ですが、従業員は在職中に所得税を納めているのに収めていないこととなります。

 

従業員から受け取る書類

 

下記のような公的なものとは別に、会社の携帯電話や鍵なども返却してもらうことを忘れないようにしましょう。

 

健康保険証

退職で会社で加入していた健康保険は脱退となります。

そのため保険証も回収します。

<スポンサード リンク>