法定休日とは?

 

週休2日制が採用されている現在、法律上の「休日」を誤って認識している方も多いです。

経営者、従業員にかかわらず誤解の多い部分ですが、しっかりと把握しておきましょう。

週のうち土日が休日と規定している会社で、土曜日に出勤があったとします。

この場合、土曜日は休日労働になるでしょうか?

これは休日労働ではありません。

法律上は時間外労働という扱いになり、通常の残業に該当します。

休日労働は135%の割増賃金、残業の場合は125%の割増賃金で、割合が違います。

そのため休日労働かどうかを把握できないと労使とも損をすることがあります。

 

労働基準法第35条の休日の定義

 

休日については以下のように定められています。

 

労働基準法第35条(休日)

1、使用者は、労働者に対して、毎週少くとも1回の休日を与えなければならない。

2、前項の規定は、4週間を通じ4日以上の休日を与える使用者については適用しない。

 

この第1項から、週のうち法定休日というのは1日だけしかないちうことになります。

冒頭の土日が所定休日としている場合、土曜日に出勤があっても、日曜日は休めているわけです。

従ってこの日曜日が法定休日となり、この例では休日労働はありません。

もしも土日両方とも出勤となるとはじめて法定休日労働があるとなります。

 

週の定義と休日労働

 

就業規則等で会社ごとに所定の週の定義をしている場合があります。

例えば「会社において週は月曜日から日曜日までとする」というような感じです。

この場合は、週はそのように運用できます。

しかしここまで規定している会社はあまりないかもしれません。

この場合、週とは「日曜日から土曜日」となります。

従ってこのうち1日を休日として付与できればその週は休日労働はありません。

 

祝日での勤務は休日労働か?

 

例えば、ある週で土日が休日としている会社で、その週は金曜日も祝日となっていたとしましょう。

その会社は祝日も所定休日としていたとします。

このケースで金曜日の祝日に勤務させて、土日を休日として付与したとします。

これも基本的には同じで、週で1日以上を土日で休日付与できているので休日労働とはなりません。

この祝日勤務は法定休日労働割増の135%ではなく、所定外労働となり100%の支給で良いとなります。

<スポンサード リンク>