試用期間中の賞与支給

 

試用期間というのは延長も含めて1年以内であれば、会社ごとに設定をすることができます。

 

  • 3か月
  • 6ヶ月

 

といった期間の設定が多いように思えますが、それなりに長い期間であり、試用期間中に賞与支給日が来ることがあります。

この場合に、試用期間中の従業員に賞与を支給するべきかどうかという点が問題になります。

結論からいいますと

「支給してもしなくても良い」

というのが正しいです。

労働基準法その他の法律で特に定めがないので、会社がルール化することができます。

 

ルール化して統一する

 

「支給してもしなくても良い」

と記載をしましたが、どちらで運用するのか決定をしなければいけません。

支給したり、しなかったりというのが最も良くありません。

仮にこのような任意の運用としていると、支給しない者から賞与請求を受けることもありえます。

そのため支給についてまず決定し、その方針のもとで運用も行うということが必要となります。

一般的には就業規則で支給する、しないについて規定をします。

 

一般には試用期間中の賞与支給はないことが多い

 

中小企業においては試用期間中には賞与支給がないことが圧倒的に多いと思います。

というのも賞与は、勤務に対する臨時的報奨のような性格があります。

試用期間というのは一般には「お試し期間」であり、まだ会社に十分に貢献しきれているとはいえないということが多いかもしれません。

このような点から試用期間中の賞与支給はあまりないのではないかと思います。

規定の例としては

「賞与の支給対象期間すべてに在籍するもの」

のみを賞与支給の対象とするというような規定となっていることが多いです。

 

試用期間でも賞与が発生することもある

 

賞与はおおむね6か月ごとに支給日が来て、支給対象期間も6ヶ月になっていることも多いです。

上記の規定ですと、「賞与支給対象期間は6ヶ月」とすればその全期間すべてで試用期間の従業員が在籍し、勤務していることもあります。

この場合、賞与支給義務があるとなります。

ただし、賞与金額において

 

  • 勤務成績
  • 能力

 

といった点を勘案して決定するとしている場合には、「試用期間中であり一定額を通常の従業員よりも少ない金額にする」というのも合理性が認められると思います。

<スポンサード リンク>