試用期間中の退職

 

試用期間というのは正社員でよくある制度で、入社してまず最初に試用期間となることとなります。

3か月や6ヶ月といった試用期間で特に問題がないとなれば本採用となります。

新卒でも転職であってもこの試用期間中に退職されるということも多いと思います。

理由はさまざまですが、

 

  • 社風に合わない
  • 上司と合わない
  • 職種に向いていない
  • 労働条件と合わない

 

このような場合にどの対応すれば良いのかを記載します。

 

退職日はどうなるか?

 

試用期間中であっても、

 

合意退職

  • 就業規則等の「退職の○日前までに会社に申し出る」といった規定による退職。

 

辞職

  • 従業員からの退職の意思表示で、14日後に退職日となる。

 

といったものに沿って退職日を決定します。

詳しくは以下のページを参照してください。

合意退職と辞職の違い

ですが、試用期間中の退職の場合、その日の朝に連絡があって「今日から出社したくない」という話も多いと思います。

このような場合、法律では14日後などとなりますが、勤務する気のない従業員を無理に14日も勤務させるべきかという問題も残ります。

個人的には

 

  • ちょっとした退職したい気持ち、また会社との思い違いなどで退職したという場合、話し合いで慰留する
  • 有能で会社が期待している場合も慰留する
  • その他は原則、支障のない程度で14日といわずにできるだけ最短で退職させる

 

という方針で良いと思います。

まだ試用期間ということでしたら、研修や教育にもそこまで費用や労力もかかっていないと思いますので、すっぱりと諦めることも重要ではないでしょうか?

従業員にも会社の「ここがおかしい」といった言い分はあると思います。

 

賃金の支給は?

 

入社してすぐの退職であっても、契約した金額を勤務した部分について支給する義務があります。

最近は少額であるので、未払いとなった場合、労基署に通報するケースが増加しているように思います。

会社として

「何の貢献もしていないのに」

と思うかもしれませんが、法律はしっかりと守りましょう。

試用期間中の小さな給与のことで行政に社名をマークされるのも良くありません。

是正勧告の対応」参照。

 

社会保険と退職時期

 

従業員からすれば次の転職との兼ね合いで退職時期を考えてくることもあります。

社会保険(雇用保険、健康保険、厚生年金)に試用期間中に加入することで、次の転職先に「短い期間での退職時期がばれる」のではないか?という考えがあります。

つまり次の転職が困難になることを避けたいという考えからくるものです。

入社して数日という場合、まだ社会保険に加入していない(手続の準備中)ということもありますが、このような期間に退職の申し出が多いという事情もあります。

<スポンサード リンク>