試用期間中の残業代

 

試用期間中も残業代をはじめとした割増賃金の支給義務があるとなります。

 

時間外割増

  • 25%以上
  • 週40時間、1日8時間のどちらかを超えた労働時間に対して支給義務があります。

 

休日割増

  • 35%以上

 

深夜割増

  • 25%以上
  • 午後10時から午前5時までの勤務に対して支給義務があります。

 

また大企業については月60時間を超えた時間外労働についてはさらに25%以上の割増賃金の支給も必要となります。

詳しくは下記ページを参照してください。

労働基準法改正 2010年

つまり試用期間中も本採用後と残業代をはじめとした割増賃金はまったく同額となります。

 

試用期間を有期雇用契約と代用していても

 

試用期間を有期雇用契約と代用している会社もあると思います。

(ただし法的にそれが有期雇用契約であると認定されるとは限りません。

正社員の試用期間と認定される可能性も高いものがあります

詳しくは下記ページを参照してください。

試用期間を有期契約とする」)

有期雇用契約であっても残業代をはじめとした割増賃金の適用は当然にあります。

割増率は冒頭の割合と全く同率です。

例えば時給1000円で契約していたとします。

 

  • 時間外労働 1250円
  • 休日労働 1350円
  • 深夜労働 1250円

 

というようにまったく同率の割増率が適用されます。

時給や日給等の月給以外では割増賃金の適用除外であるということはありませんので注意してください。

 

従業員の合意を得ても意味はない

 

まれに雇用契約書等で

「試用期間中は残業代等の割増賃金の支給はないものとする」

といった内容を従業員と合意しているケースがあります。

しかしこの合意自体が違法であり、法的に無効です。

そのため請求を受けた場合、この合意があってもまったく無効ですので支給義務があるとなります。

 

労基署への通報がなされる

 

試用期間中の残業代が出ないという場合、労基署に匿名で通報されるケースが多いです。

誰が通報したのかわからないようにされ、ある日突然、会社に来署依頼通知が届いたりします。

社内で隠そうとしてもこのようなこともありますので、注意を必要とする時代です。

是正勧告の対応」参照。

<スポンサード リンク>