社会保険労務士に依頼するメリット


社外に人事部を持つ



大企業では人事や総務がしっかりと機能しています。

毎日の手続から、給与計算から、年末調整、トラブル解決まで行っています。

社長は社長業に専念できています。

しかし中小企業ではこのような体制はなかなか実現できません。

私の目指すのは、社会保険労務士として中小企業の社外人事部になることです。

労務関係、社会保険ではうっかりやちょっとした判断ミスで会社が倒産してしまうこともあります。

このような事態から会社を守り、かつ日々の手続を実施していくことで会社をサポートしてまいります。



コストパフォーマンス



我々社会保険労務士の仕事とは基本的には


  • 顧問契約
  • 給与計算



というルーティンに必要となってくる会社の行政への手続や作業を担当することです。

そのために従業員を新たに1人採用し、担当してもらうという方法はありますが、やはり人件費は高額です。

手続や給与計算といったことは売上に直接関係することでもなく、そこに人件費を割くのも無駄かもしれません。

そこでこのような作業を外注するという場合の受け皿が我々社会保険労務士となっています。



トラブル予防・解決



最近では従業員が1人であっても労使トラブルが発生する時代です。

私の見たところ、トラブルの大半は金銭や給与に関わるものだと思います。

例えば、「残業代対策をしている」と会社は思っていても、判例で有効とされる要件をすべて満たしていないと無効となることもあります。

また運用上、給与計算が知らないうちに違法となっていて、その関係で会社が損をすることも多分にあります。

社会保険労務士として判例に沿った書類の作成方法、また運用上のポイントなどをお伝えすることでトラブルを予防することができます。

また実際にトラブルとなった場合、できるだけ会社にダメージを与えないようにするためのアドバイスもいたします。



手続の簡略化



顧問契約で手続を当所へ委託いただく場合には、当然社内的に必要となる作業は減少したり、またなくなったりします。

それとともに、当所に委託いただくことで申請書類等で省略することが認められるものもあります。

スポンサード リンク