労務管理の基礎知識労働・社会保険の手続

従業員を採用したときの労働・社会保険の手続


雇用保険



すべての従業員が雇用保険に加入義務があるわけではありません。

まずは下記ページの条件を参照し、該当する従業員が雇用保険に加入しなければいけないのか確認しましょう。

雇用保険の加入条件(労働者)

この条件に該当する場合にのみ、以下の手続を行います。


  • 手続先
    ハローワーク

  • 期限
    採用した日の属する月の翌月10日まで

  • 届出する書類
    雇用保険被保険者資格取得届

  • 郵送について
    この資格取得届は郵送でも可能です。
    その場合には、返信用封筒も入れて郵送しましょう。



社会保険



社会保険についてもすべての従業員を加入させなければいけないわけではありません。

まずは該当する従業員を社会保険に加入させなければいけないかを下記ページを参照して確認しましょう。

社会保険の加入条件(労働者)

やはりこの条件に該当する者のみ下記の手続を行います。

また健康保険証の発行を急ぐ場合には「すぐに健康保険証が必要な場合の社会保険の手続」のページを参照してこちらの手続も合わせて行いましょう。


  • 手続先
    年金事務所または健康保険組合

  • 期限
    採用日から5日以内

  • 届出する書類
    健康保険・厚生年金保険 被保険者資格取得届

  • 添付書類

    • 年金手帳
      基礎年金番号がわかる場合には不要。
      基礎年金番号が不明の場合は、資格取得届が返送されてくることがあります。
      この場合は、運転免許証・住民票等のコピーを添付して本人確認を行うことが必要です。

    • 被扶養者がいる場合は被扶養者(異動)届

  • 郵送について
    社会保険の資格取得届も郵送での届出は可能です。
スポンサード リンク