是正勧告対応

 

従業員の駆け込みなどで労基署による是正勧告がなされることが多くなってきました。

是正勧告の場合、動き方をミスして損をしている会社をよく散見します。

ちょっとのことで、

 

  • 行政からマークされてしまう
  • 余計な経費を支払う是正勧告を受けてしまう

 

というような事態を招いてしまいます。

当所ではこのようなことを防ぐために会社をサポートしています。

 

是正勧告の種類

 

大きくいうと是正勧告には以下のような種類があります。

 

1、定期監督

  • 年ごとに業種を決めて調査が入るというものです

2、申告監督

  • 主に従業員の労基署への申告があり、その結果調査がなされるというものです

3、労災事故後の監督

  • 重大な労災事故、頻繁に事故があるという会社では調査がなされることもあります

 

厳しい申告監督

 

申告監督での調査が圧倒的に多いです。

従業員からの申告をもとに行われ、労基署としてはある程度証拠をにぎってやってきます。

そのため調査は厳しいものとなることが多いです。

この申告監督は以下のような手順で行われることが多いです。

 

1、従業員とのトラブルが発生

特に、下記のようなケースが圧倒的に多いです

  • 残業代などの賃金未払いがある
  • 失業給付の離職理由でトラブルとなった
  • 退職時に揉めた

2、労基署への通報

3、来署依頼通知書が郵送されてくる

4、もしくは労基署の立ち入り調査の連絡が入る

5、違法状態があれば、是正勧告書が発行される

6、是正報告書をもとに期日までに是正したことを証明する

7、解決、もしくは是正が十分でないとされると再び調査が行われる

 

ここまで来て、まだ労基署が是正を認めない場合、書類送検の可能性も出てきます。

 

是正勧告で指摘されやすい事項

 

指摘される事項としては以下の点が特に多いです。

 

1、割増賃金(残業代)の未払い

  • 時間外割増
  • 深夜割増
  • 休日割増

2、管理監督者の扱いがおかしい

3、衛生管理者など安全衛生法上の義務がなされていない

4、就業規則・労働契約書・36協定の未作成

 

詳しくは以下参照。

管理監督者から残業代請求を受けた

36協定の締結・届出

 

書類送検もありえる

 

是正勧告に対して

 

  • 無視をする
  • 是正報告書を虚偽記載して是正したように報告する
  • その他悪質と認められる場合

 

このようなパターンでは検察庁へ書類送検されてしまいます。

この場合、悪い場合には、社名が新聞に出ることもあります。

そのため取引に影響が出たり、特定の業種の場合は営業ができなくなったりということもあります。

 

是正勧告をうまく乗り切るには

 

是正勧告では労基署とやり取りをします。

この場合、動き方や話す内容を間違えると、是正勧告の対象が広くなったり、疑いを濃厚にさせてしまったりと、会社に不利に働くこともあります。

当所で労基署の対応を行ってきましたが、そのノウハウをお伝えできます。

是正勧告を受ければ、ある程度の経費の発生などはやむを得ない部分もあります。

しかし被害を最小に抑えることは可能です。

もし下記に該当する場合、当所に連絡してください。

是正勧告の場合、発生の後に時間が経過するほど有利に解決することは難しいです。

そのため会社を一番に考える場合、できるだけ早く連絡をいただかないと良い解決ができないことがあります。

 

1.是正勧告で不安がある

2、是正勧告を受けたが、よく意味がわからない

  • 何を是正したら良いのかわからない、など

3、残業代などの賃金未払いをできるだけ少なくしたい

4、是正報告後に行政からマークされないようにしたい

5、もう二度と是正勧告されないように予防策を採用したい

 

料金について(外税)

 

事前の相談のみ 3万円
準備から是正まで 10万円
<スポンサード リンク>